自然のつながり

自然や人の暮らしを「つながり」で考えてみませんか。
この世にたった一つで存在するものはありません。
ひとりぽっちだと思っても、生きている限り何かを食べます。
食べるものを作ってくれる人、その食べ物を運んでくれる人
作物を作ってくれる人、その食べ物を育ててくれる水や太陽や土と
考えればきりがないほど全てはつながっています。



 

 

中国の文化大革命時代、穀物を食べる害鳥として大量のスズメが殺さました。その結果、昆虫が異常発生し、殺虫剤が使われました。ミツバチもその犠牲になりました。ドキュメンタリー映画「みつばちの大地」の中で、人間が花粉を集め、ひとつひとつの花に受粉させている映像がありました。中国のある村では、今でもミツバチがいないのです。
私たちが口にしている食べ物の三分の一は、ミツバチが受粉しています。地球の複雑な生態系は、人間の手によって大きくバランスを崩す可能性があることをこの映画は気づかせてくれます。    


 

クモ

 

無農薬の田んぼに行くと、水の上を忍者のように動き回るクモにたくさんあいます。
田んぼに農薬をまくと表皮の硬いツマグロヨコバイなどは生き残り、表皮の薄いクモ類は死んでしまいます。害虫を食べてくれるはずのクモがいなくなり、結果、害虫が増えてしまうことがあります。

 

 

ヤンバルクイナ

   ヤンバルクイナ

ハブを退治するため、マングース10数匹が沖縄にやってきたのは、1910年。1世紀の月日が流れマングースは3万匹もふえました。ハブ退治の救世主が、害獣であることに気づいたのは、1970年代なってからでした。マングースは、ハブではなく、希少な固有種ヤンバルクイナなどを食料にしていました。昼行性のマングースと夜行性のハブは行動時間が違っていたのです。
自然に手を加えるには、慎重にすべきであることの良い事例です。

人はこれが害だと分かると その生きものを駆除し、
貴重種だと分かるとそれだけを特別に保護したりします。
どちらの行動をとるにしても
「自然のつながり」を考える必要があります。
生態系のつながりを活かした取り組みを行うことが
未来の普通で常識になることを願っています。

参考:「みつばちの大地」リーフレット
「だれでも飼える日本ミツバチ」藤原誠太著 農文協
2009年8月18日 朝日新聞 「マングース、沖縄導入1世紀で3万匹」
マングース参考HP



工事中です。しばらくお待ちください。

ブログにリンクしています。ブラウザで戻ってください。

 

間違いなどありましたら、お教えください。


 

生物多様性の保たれる空間が広がることを願っています。 

 

 

 

身近な自然を感じましょう。自然をよく観ましょう。自然の不思議や驚きを心の中に入れましょう。それがいつか地球環境問題という大きなテーマを考える力になります。


写真で同定をお願いしている方々(アイウエオ順)
新井浩司氏(日本蜘蛛学会会員)
伊藤舜氏(東邦大学理学部在籍)
高野徹氏(埼玉県自然学習センター)



植物 冬芽  黄色の花 白い花 ピンク(薄紅色)の花 紅紫/紅色の花 青/青紫の花 緑色の花 暗紫色の花 橙色の花 色の変わる花
生きもの ほ乳類 両生類  カタツムリ

6本足昆虫 チョウのなかま(チョウ )  トンボのなかま セミのなかま(セミ カメムシ ハゴロモ アワフキムシ アブラムシ )  バッタのなかま(バッタ カマキリ ナナフシ) ハチのなかま カブトムシのなかま(クワガタムシ カミキリムシ テントウムシ ゾウムシ ホタル コガネムシ オサムシ ) ハエ、アブ、カのなかま その他の昆虫 

8本足 クモ ザトウムシ
コガネグモ科 コガネグモ ナガコガネグモ ビジョオニグモ ドヨウオニグモ ワキグロサツマノミダマシ
ハエトリグモ科 シラヒゲハエトリ マミジロハエトリ ミスジハエトリ
カニグモ科 ハナグモ 
タナグモ科 クサグモ 
コマチグモ科 ヤマトコマチグモ 
トタテグモ科 キシノウエトタテグモ
ジョロウグモ科 ジョロウグモ    
  多足類 足の多い生きもの

 

 

特定非営利活動法人エコ.エコ