設 立 趣 旨 書


 エコ.エコとは、エコロジーとエコノミーの二つの頭文字からの命名です。自然を保護するには自然の仕組みについての知識、実践及び活動費が必要です。
人は快適な生活を求めるあまり、自然に大きすぎる負荷をかけてきました。かつて人に手入れされ守られた森や林は放置されています。森から出る多くの落ち葉や木々を利用する道が閉ざされたままです。日本型ビオトープとも言える田んぼも減少し、そこには絶滅の危機にある多種多様な生き物がひっそりと命をつないでいます。
かつての暮らしを復元することは難しいことです。だからこそ今、実際に人の手が入ることで守られる場所を復活し、生態系を守っていこうとする活動が必要です。

  エコ.エコは多くの人に自然の仕組みを理解してもらうことを大きな柱として
 活動していきます。エコロジーとエコノミーを両輪として、新たな持続可能な活
 動システムを提案し、実践してまいります。継続的に事業を展開し、団体として
 の運営を確立するために特定非営利活動法人を設立するものです。

 

特定非営利活動法人エコ.エコ